WEB座談会「歯科医師×歯科技工士」

対談TOP >>1.治療法の選択 >>2.臨床から生まれる新たな熱意 >>3.健康保険の制約 >>4.審美性の追求 >>5.医療の本質を思う


2.臨床から生まれる新たな熱意

WEB座談会 渡邊 :今日も菱山さんと一緒に入れ歯の患者さんの臨床(診察)をしたけど、ここからは菱山さんの専門の入れ歯について話していこうか。

−技工士の方は皆さん診察に立ち会われるんですか?

菱山 :いいえ。僕も含めて、時間があればしたいけどなかなかできないというのが本音だと思います。ただ、いつも実感するのが「これが何よりの勉強だな」ということです。患者さんとお話ししたときの口元の動きだとかは臨床でしかわかりませんからね。

渡邊 :僕が菱山さんにカンファレンスを勧める理由は、やっぱりダイレクトに患者さんの声を聞いて欲しいからなんだ。僕たちがOKだと思っても患者さんにとって100%であるかはわからないからね。

−具体的に入れ歯の悩みはどういったものが多いのでしょうか?

渡邊 :入れ歯で大切なのは噛めるか・噛めないか、痛いか・痛くないかということにつきるんじゃないかな。特に総義歯はしっかりと検証しないといけない。

菱山 :渡邊先生は今日の臨床でも実際に食品検査をされてましたね。

渡邊 :現場を見ないと見えてこない部分がいっぱいあるからね。入れ歯というのは粘膜との吸着と咬合のバランスである程度安定するけど限界もある。食品検査はそれを患者さんと一緒に考えていく大切なツールだね。

菱山 :確かに入れ歯って患者さんと一緒に作り上げていくものですね。

竹林 :私が患者さんにお願いしたいのは、「我慢しないでください」ということですね。私たち歯科医には遠慮せず率直なご要望を聞かせてもらいたいと思います。

菱山 :僕は入れ歯を作るとき「もしもこの入れ歯を自分の親がするのなら」って考えてます。隅々まできれいになるまで、白いものは白くピカピカになるまで研磨しないと気が済まないんです。

渡邊 :菱山さんの仕事への情熱は入れ歯を通して患者さんにも伝わっているんじゃないかな。僕は今、菱山さんの技工についてこられる若い技工士さんを探すことが急務だと思ってる。

菱山 :そうですね、若い人ほしいですね。実は、技工士としてある程度実力もついてきて「何となくこんなものかな?」って思い始めた時期がありました。でも、初めて外の仕事をしたら渡邊先生が感動してくれた。あの時、本当に「やっててよかった」って思いました。振り返ってみると、渡邊先生との出会いは新たなスタートのきっかけだったと思います。
※就活中の熱意ある技工士さん、ご連絡をお待ちしています!ヒシヤマラボ&オフィスへのEメールはこちら

渡邊 :患者さんを支えていく僕たちに終わりはないけれど、自分が倒れたら終わっちゃう。菱山さん、お互い長生きしような!(笑)



続き>> 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 対談トップ

診療科目

※12/29(木)〜1/4(水)冬季休診

診療カレンダー

×

※平日の診療は9:30〜13:00・14:30〜18:30です
※土曜の診療は9:00〜13:00・14:00〜15:30です

採用情報

クリニックのご案内