歯科一般(むし歯・歯周病)

■わたなべ歯科クリニックの歯科一般、ポイントは「インフォームド&セレクト」です。
歯科医院へお越しの患者さんは、それぞれ歯の悩みを抱えています。わたなべ歯科クリニックでは、問診でどんなことでもご相談いただけます。患者さんそれぞれの「困った(主訴)」を教えてください。
診察は主訴の原因をしっかりと診査・診断し、必ずインフォームド&セレクト(治療の目的をご理解いただいた上で、患者さんご自身で治療法を選択していただくこと)を実施いたします。
また、治療に際しては患者さんと歯科クリニックが一丸となるチーム・アプローチによって最終ゴールを目指します。むし歯や歯周病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


「歯が痛い…」その原因、むし歯かも?

歯科一般むし歯の治療は、むし歯に侵された部分とその周囲を徹底的に削り取る「予防拡大」という考え方が大原則でした。しかし現在では、医療機器の発達や技術の進歩により、むし歯だけを削り取り健康な歯の組織はできるだけ残す治療が主流となってきています。
わたなべ歯科クリニックでは、ミニマム・インターベンション(最小の治療で最大の効果)を実践しており、詰め物の材料の質の向上にも高い意識を持って取り組んでいます。
むし歯の治療は早期発見・早期治療が有効です。歯が痛い、という方はお早めにご相談ください。


「歯がしみる…」その原因、知覚過敏かも?

歯科一般 歯がしみている場合、むし歯ではなく知覚過敏のおそれもあります。
知覚過敏とは象牙質が露出し、刺激が神経に伝わりやすくなっている状態です。原因としては、強い歯ぎしりや噛みしめなどで歯に物理的に負荷がかかってエナメル質が摩耗してしまったり、歯周病で歯ぐきが下がり象牙質が露出してしまったりといったことが考えられます。
このほかにもさまざまな原因があるため、状況に応じた処置を行う必要があります。虫歯にせよ知覚過敏にせよ治療が必要な症状ですので、まずはお早めに当院にご相談ください。


歯周病について

日本で歯周病の患者またはその予備軍と言われているは、成人で約8割。歯を失う原因の1位とされている国民病です。
歯周病は「退行性病変」と呼ばれ、治療によってどれだけ進行を遅らせられるかが歯を長持ちさせるポイントになります。そのためには、なにより早期発見・早期治療が肝心。当院では歯周病によるダメージを少しでも軽減できるよう、定期検診などでより早く病巣を発見し、素早く治療に当たることを重視しています。


小児歯科 〜子供の歯をむし歯から守りましょう〜

小児歯科子供の歯(乳歯)の虫歯は、将来お口の中の健康に大きな影響を与えます。大人の歯に比べ子供の歯は厚みが半分ほどしかなく、再石灰化力も弱いのでむし歯になりやすいと言われています。また、甘いおやつ・不充分な歯磨き・デコボコの歯などむし歯になりやすい原因もたくさんあります。
また、痛みが出にくいのも子供の歯の特徴ですので、気がついたときにはむし歯がかなり進行してしまっているケースも見受けられますので、お父さん・お母さんには定期検診を欠かさず「早期発見・早期治療」を心がけていただきたいと思います。

診療科目

※12/29(木)〜1/4(水)冬季休診

診療カレンダー

×

※平日の診療は9:30〜13:00・14:30〜18:30です
※土曜の診療は9:00〜13:00・14:00〜15:30です

採用情報

クリニックのご案内